プチミニマリストの肌ケア方法

プチミニマリスト
プチミニマリストレビュー

『最近、肌きれいになったね?』と言われることが増えました。ニキビや肌荒れでガサガサだった私の顔がツルツルになった経緯を書いていきたいと思います。 

 

知っていましたか?実はニキビには乾燥が原因で、できるものもあることを。。私は知りませんでした。脂っぽい肌だからできると思い込んでいた私は一生懸命、洗顔をしていたのでニキビ対策には逆効果でした。

ある日、私の肌荒れの原因は乾燥』だったことに気づきました。

はじめに

私が高校生だった頃、思春期でニキビが酷かったのです。

なにをやってもニキビが治らず、顔は赤くなり、自分の顔を見たくないくらいでした。

ニキビに良いと言われるプロアクティブも試しました。多少は、よくなるも完全に治る事は、ありませんでした。(この時は脂っぽい肌が原因だったのかもしれません)

そのまま大人になり社会に出てストレスで、また肌が荒れはじめました。(ストレスも肌荒れの原因なんですね)

結婚して子供が産まれ、自分の美容にかける時間も、あまりとることができず、更に肌荒れが酷くなりました。

子供が成長し少し時間ができた頃に、やっと自分の顔のガサガサ問題をなんとかしなきゃと思いはじめたのです。

ズボラでもツルツル肌になれる?

しかし、私は美容に興味がなくて、めんどくさがりのズボラ主婦だったのです💦しっかりと化粧水や乳液をぬったことが、ありませんでした。

お風呂あがりの保湿ケアなんて、やったことがなかったから乾燥肌で悩み始めました。そこで私は、保湿を重視することにしてみました。

どうしたら、肌荒れが治るのかな。。と考えたのです。

子供の保湿ケアについては、こちらの記事で紹介しています。

ニキビが出来る理由 

私は、脂が多いとニキビができやすいと長年思っていました。しかし、ニキビには乾燥によりできるものも、あることを知りました。

そもそもニキビは、毛穴に皮脂が詰まることで発生するのです。肌から分泌される皮脂の量や質により対処法が変わってきます。

乾燥肌によるニキビ

乾燥により肌の水分量が少なくなると、皮脂の分泌量も少なくなり毛穴が詰まってしまいます。

乾燥肌の方は洗顔時に、皮脂を洗いすぎないように洗浄力の強い洗顔料はさけるといいですね👍

脂によるニキビ

毛穴に皮脂が詰まりニキビが発生するため、脂っぽい肌だと皮脂の分泌量が多く毛穴が詰まりやすくなります。

サラサラの皮脂だと詰まりにくいですが、そうでない皮脂は毛穴を詰まらせる原因になるので気をつけましょう。

皮脂をとり除き、清潔を保てるとニキビもできにくいですね。

試したこと

ガサガサ、ゴワゴワ肌を少しでもツルツルに近づけたい一心で、クレンジングや洗顔料・化粧水や乳液も何種類か使用し、いろいろできることは試してみました。

プチミニマリストである私は、なるべく最小限でコスパ重視の方法をみつけたので紹介します。※状態が悪く悪化する場合は近くの皮膚科を受診しましょう。

洗顔方法 

肌を刺激しないように、しっかりと泡立ててから泡で包み込むように洗顔します。

ダブル洗顔で、クレンジングが肌に残らないようにします。

私は、入浴中の1番最後にクレンジングと洗顔をおこないます。身体を温めて、毛穴が開いたタイミングにクレンジング・洗顔をすると、汚れもメイクもよく落とせるからですね。

そして、肌が乾燥する前に化粧水や乳液で保湿しています。

クレンジング

クレンジングは、メイクの仕方や肌の乾燥具合により使い分けます。

私は、乾燥肌なのでクリームクレンジングを利用しています。

こちらのブログではアテニアクレンジングオイルのレビューも書いています✏️

洗顔料

洗顔するときは、しっかりと泡立てて肌を泡で、つつみ込むように洗います。

ゴシゴシ洗わないように注意しましょう。

私は過去に、とにかくしっかり顔を洗わないと汚れが落ちない気がしてゴシゴシしていました😱を傷つけ肌荒れやニキビの原因になるため、やめた方がいいですね。

洗顔料を水または、ぬるま湯で流すときもゴシゴシせずにおさえるイメージで洗い流します。

美容液

化粧水

化粧水はコスパ重視でドバドバ使えるハトムギ化粧水を使っています。

ハトムギ化粧水には、ホホバオイルが含まれているため、保湿効果が認められます。

コスパがいいので、たっぷりつけて保湿をしっかりします。

乳液

次に乳液です。いろいろ試しましたが、ハトムギ化粧水と相性が良かったものは白潤プレミアムでした。私はクリームを化粧水の次に使用します。

ねっとりしていますが、肌に浸透しやすくベタつかないため使いやすいですね。

私は、もう1つケシミンの乳液を使用しています。こちらは、少しサラッとしており肌が乾いたと思った瞬間に重ね塗りをしています。

寝る直前にも、ケシミン乳液をぬると翌朝の洗顔後も、もっちりした肌が継続されます。

パック

コスパ重視のプチミニマリストなので、普段はパックをしていませんでした。

しかし、こちらのプリュのパックに出会ってからは定期的にパックをするようになりました。

翌朝の肌質が全然ちがい、しっとり・もっちりした肌になります。

食べ物

腸内環境も肌荒れの原因?

腸内環境が悪いと、なにかと身体に悪影響を及ぼします。その中のひとつに肌荒れも含まれているのです。

腸内環境が悪くなると便秘になり、腸内で有害物質が発生しニキビや肌荒れの原因になると考えられます。

食生活や水分補給により改善されない場合は、便秘改善のサプリメントもオススメします。

 

その他

顔を触らない

私には無意識に顔を触る癖がありました。

指についている雑菌が顔についたり、何度も触れることにより肌へのダメージが強くなり肌が荒れてしまうことがあります。

顔を触らないことも、ニキビ対策のひとつになりますね。

おわりに

毎日マスクの装着を欠かせない今、肌荒れで悩んでいる方が多いと思います。

今回は、主に乾燥肌について記載していますが、それぞれ肌質が違いますので自分に合った肌荒れ予防がみつかるといいですね。


余談

余談ですが

私の子供が新生児の頃に、顔がすごく荒れた時期がありました。その時に、赤ちゃんの肌が乾燥するたびに白色ワセリンを常に塗って保湿をしていました。

乾燥肌の方は、乾燥するたびに保湿を心がけるといいですね。

私が5年間悩んで選出した乾燥時期にぴったりのものを紹介しています。興味がある方は、読んで頂けると嬉しいです🍀✨

いつまでも、ツルツル美肌でいたいですね♪♪

最後まで読んで頂き、ありがとうございました✨🍀

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました